About us

活動趣旨


反バッシングセンターは、日本社会でおこなわれているあらゆるバッシングに反対し、行動する団体です。学生など若い世代が中心となって活動し、貧困や差別を「自己責任」として扱う言説に対抗します。

 

ここ数年、格差や貧困の問題が大きな社会問題として注目を浴びています。2016年には、収入が最低生活費を下回る「隠れ貧困」層が2000万人以上いると報道されました。日本社会を取り巻く社会状況は深刻なものになりつつあります。

 

かし、一方でこのような社会問題を個人の「自己責任」として矮小化し、バッシングする言説が勢いを増しています。最近ではフリーアナウンサーの長谷川豊氏が自身のブログで、人工透析の治療を受ける患者は死ぬべきだと発言し、物議を醸しました。

 

バッシングの背景には、生活保護受給者や重病患者を社会的な「コスト」として扱う認識が社会に蔓延している現状があります。2016に起きた障碍者施設襲撃事件は、社会的弱者に対する危険思想が殺人にまで至った象徴的な事件といえます。

 

このような思想に対抗していくためにも、現場に根差した新たな取り組みが重要であると私たちは考えます。差別や偏見に基づくバッシングに対して事実をもとに反論し、バッシングが吹き荒れる現状を変えていきます。

 

私たちは、日本社会の貧困・労働問題に取り組み、社会問題を「自己責任」や「甘え」として個人に押し付けるバッシングと闘います。そして、人々が社会に対して生きづらさを感じることなく過ごせる、ムリのない社会を求めます。





私たちの運動は、日本社会、さらにはグローバルに社会を変えていこうという取り組みです

オーガナイザー


渡辺 寛人

1988年生まれ。ソーシャルワーカー。ブラックバイトユニオン代表。東京大学大学院。専門は貧困問題、福祉社会学。3.11以降、仙台POSSE代表として被災地支援に取り組む。

 

大内 萌

1994年生まれ。大学生。NPO法人POSSEで若者の生活相談・労働相談を担当。