2016年8月、施設入所を強要された、「まず部屋を借りなければどうしようもない、もしくは寮に入るほかない」

相談時期 2016年8月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  20代
問題分類  水際作戦 貧困ビジネス
状況 生活保護を申請したところ、施設入所を強制された。その後もケースワーカーや施設の管理者に施設の住環境の悪さについて相談しても、相談者を子ども扱いして取り合わなかった。後日体調が悪化したために施設を出て、生活保護を辞退した。またしばらくたってから生活保護を再申請したが、住居がないことを理由に追い返される。「まず部屋を借りなければどうしようもない、もしくは寮に入るほかない」と言われた。