2016年12月、住居の取り壊しが決まって大家から退去命令が出ているが、「緊急性がない」として転居費用を出さない

相談時期  2016年12月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  40代
問題分類  パワハラ
状況 居住中のアパートが取り壊しが決まり大家から退去命令が出ているにもかかわらず、ケースワーカーが転居費用を出そうとせず、申請書を出したが却下された。現在の住居は大量に虫が出るような劣悪な環境であり、それが原因でうつ病が悪化し統合失調症になった。そのことについても医師を通じてケースワーカーに伝えているが、転居費用の申請は「緊急性がない」という理由で却下された。