2016年11月、ヘルニアで座るのは1時間が限界にもかかわらず、ケースワーカーが再三就労圧力をかけてくる

相談時期  2016年11月
都道府県  埼玉
性別  男性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ヘルニアなど足腰が悪く働ける状態ではないが、ケースワーカーに再三就労するよう圧力をかけられている。医師には神経作用が残っていると言われ、座っているのは一時間が限界であるが、病状をケースワーカーに説明しようとすると「今は忙しい」などと言われ相手にされない。