2017年6月、申請拒否のうえ面接担当官が1人しかいない

相談時期  2017年6月
都道府県 東京 
性別 女性 
年齢 30代 
問題分類 水際作戦 
状況 強迫神経症により体調が悪化したため働くことが難しくなって生活保護の申請に行った際に、「失業保険の手続きや通帳の記帳をしてから来い」「派遣なのが悪い」などと言われた。再度申請に行った際には、面接担当が1人しか配置されておらず、1人あたり1時間以上かけるのでかなり待たされた。 

2017年6月、所持金1000円の人の申請を却下

相談時期  2017年6月
都道府県  茨城
性別 男性 
年齢 40代 
問題分類 その他 
状況 4月までは最低生活費を上回る収入があったが、5月には4〜5万円ほどの収入になり、そこで生活保護を申請した。ところが、役所は4月分の収入を5月にもらっていると認定し、5月の収入が最低生活費を上回ると主張して申請を却下した。しかし、実際には4月分の収入は前払いで、その月のうち払われていた。申請した時点では所持金が1000円を切っており、ガスも止まっていた。 

2017年6月、生活困窮者自立支援窓口と生活保護窓口が一体化

相談時期  2017年6月
都道府県 神奈川 
性別 男性 
年齢 20代 
問題分類 水際作戦 
状況 生活保護を申請しようとしたところ、警察OBを名乗る職員が対応して、仕事を「ハローワークで探せ」などと言われ、追い返された。この役所では、生活保護と生活困窮者自立支援の窓口が一体化しており、生活保護の申請に行っても、自立支援を担当する職員が出てきて、生活保護を申請させないようにしていた。 

2017年6月、「学籍がなくなったらその日のうちに就職して家を出ろ」

相談時期 2017年6月
都道府県 宮城 
性別 女性 
年齢 40代 
問題分類 パワハラ 
状況 うつ病とパニック障害を抱えているが、急に訪問してくるなどケースワーカーからの配慮がなく、そのため症状が悪化した。また、息子が専門学校を中退する際に、学籍がなくなったらその日のうちに就職して家を出るように言われた。