2016年11月


2016年11月、「電話取らないとお前ただじゃ済まないぞ」

相談時期  2016年11月
都道府県  埼玉
性別  男性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ケースワーカーからの電話が取れなかった際、「電話取らないとお前ただじゃ済まないぞ」と言われた。仕事を探しているにもかかわらず、執拗に就労圧力をかけられ、「探せ」と急かしたり、邪魔をしたりしている。ケースワーカーの脅しから役所に行きにくくなり、それを理由に生活保護停止処分にされた。

2016年11月、ヘルニアで座るのは1時間が限界にもかかわらず、ケースワーカーが再三就労圧力をかけてくる

相談時期  2016年11月
都道府県  埼玉
性別  男性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ヘルニアなど足腰が悪く働ける状態ではないが、ケースワーカーに再三就労するよう圧力をかけられている。医師には神経作用が残っていると言われ、座っているのは一時間が限界であるが、病状をケースワーカーに説明しようとすると「今は忙しい」などと言われ相手にされない。

2016年11月、住所不定を理由に申請を拒否

相談時期  2016年11月
都道府県  神奈川
性別  男性
年齢  20代
問題分類  水際作戦
状況 家族からの虐待によりうつ病を患う。精神障害者手帳2級。さらに自律神経失調症を発症し働けなくなる。家族は一切頼れない状況で実家を追い出され、一人で申請に行ったところ申請書を出しているにもかかわらず、住所不定を理由に申請を拒否された。

2016年11月、所持金が1円しかないのに、「あなたは本当に困っている感じがしない」などと言われた

相談時期  2016年11月
都道府県  石川
性別  女性
年齢  20代
問題分類  水際作戦
状況 母子家庭で所持金が1円しかなく米だけを食べているような状況で、3回ほど窓口を訪れ生活保護を申請しようとしたが、水際作戦により申請できなかった。脳貧血を患い就労はできないが、窓口では「あなたは本当に困っている感じがしない」などと言われた。

2016年11月、「働け」「自分なら働く」

相談時期  2016年11月
都道府県  愛知
性別  女性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ヘルニアがひどく医師には子供を抱くことすら禁止されている状態であり、診断書も提出しているが、突然家にやって来て「働け」と責め立てた。仕事ができないことを説明しても「自分なら働く」などと言って聞き入れない。