東京


2017年6月、申請拒否のうえ面接担当官が1人しかいない

相談時期  2017年6月
都道府県 東京 
性別 女性 
年齢 30代 
問題分類 水際作戦 
状況 強迫神経症により体調が悪化したため働くことが難しくなって生活保護の申請に行った際に、「失業保険の手続きや通帳の記帳をしてから来い」「派遣なのが悪い」などと言われた。再度申請に行った際には、面接担当が1人しか配置されておらず、1人あたり1時間以上かけるのでかなり待たされた。 

2017年5月、「申請書を受け取る義務はないんだ」

相談時期  2017年5月
都道府県  東京
性別 男性 
年齢 20代 
問題分類 水際作戦 
状況 福祉事務所で生活保護の申請書を提出したが、受け取りを拒否された。そのため他の課も回り、その旨を伝えたところ、福祉課の職員が来た。その職員に「申請書を受け取る義務はないんだ」と言われ、再び拒否された。 

2017年4月、「離婚するなら産むな」

相談時期  2017年4月
都道府県 東京 
性別 女性 
年齢 20代 
問題分類 水際作戦 
状況 福祉事務所に申請に行った際、「離婚するなら産むな」「離婚したのなら自分でなんとかやっていきなさい」「若いからなんでもできるでしょ」「保護受けたいのならうつ病でもなんでも診断貰ったら」などと言われ、追い返された。 

2017年3月、「母親や弟に面倒を見てもらえ」

相談時期  2017年3月
都道府県 東京 
性別 男性 
年齢 40代 
問題分類 水際作戦 
状況 足を骨折していて治療中で働けないため生活保護を申請したいと窓口で伝えるが、「母親や弟に面倒をみてもらえ」と言われて追い返される。家族とは仲が悪く、生活を支援してもらえる状態ではない。2度目の申請に行った際にそれを伝えても、家族で話をつけてきてくださいと言われて追い返される。 

2017年3月、1年間もネットカフェ生活を放置

相談時期  2017年3月
都道府県 東京 
性別 男性 
年齢 30代 
問題分類 パワハラ、住居 
状況 以前は九州の親戚が所有する部屋を間借りして住んでいた。単身上京して都内で生活保護を受給したが、転宅費用が出されないまま、ネットカフェ生活が1年ほど続いた。 

2017年2月、転居後に移管を中止され保護停止

相談時期 2017年2月
都道府県 東京
性別 男性 
年齢 50代 
問題分類 不当停廃止 
状況 受給決定前に事前連絡なしで寮を訪問し、「居住実態がない」と主張。またケースワーカーが間違えて生保訪問連絡票を、隣に住む知人の部屋のポストに入れた。労災の休業補償請求中には、働けない状況で部屋の物品を売却しながら生活を維持していた。また受給後に住居を転居する際、移管するという説明を受けていたにもかかわらず、転居後に中止にさせられた。その後、保護停止証明書も前居住区からはかなり遅れて送られてきた。

2017年1月、「戻ってきても追い返す。保護を受給することは絶対にない」

相談時期  2017年1月
都道府県  東京
性別  女性
年齢  40代
問題分類  パワハラ
状況  夫婦で生活保護を受給中にCWが夫に対し「実家に帰れ」と指示し、夫はそれに従い転居した。世帯構成の変化に伴い、家賃に充てられる住宅扶助費が下がったが、法で認められる低額家賃住宅への転居費用を支給をCWが拒否し続ける。さらに、夫が戻ってきても「戻ってきても追い返す。保護を受給することは絶対にない」と受給を認めない発言を繰り返す。

2017年1月、「一人暮らしをする正当な理由がない」「面倒くさいから実家に帰れ」

相談時期  2017年1月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  30代
問題分類  貧困ビジネス
状況  生活保護を申請しようとした際に、「アパートで一人暮らしをしたい」と訴えたが「一人暮らしをする正当な理由がない」とそのCWから言われた。結局、貧困ビジネスの寮に入ることになった。その寮は2人部屋で、食堂には毎日のようにゴキブリが歩いているような環境であった。この寮から出たいとCWと交渉した際に「面倒くさいから実家に帰れ」と言われた。実家の親からは「働けないやつは役に立たない。出ていけ」と言われている。

2016年12月、住居の取り壊しが決まって大家から退去命令が出ているが、「緊急性がない」として転居費用を出さない

相談時期  2016年12月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  40代
問題分類  パワハラ
状況 居住中のアパートが取り壊しが決まり大家から退去命令が出ているにもかかわらず、ケースワーカーが転居費用を出そうとせず、申請書を出したが却下された。現在の住居は大量に虫が出るような劣悪な環境であり、それが原因でうつ病が悪化し統合失調症になった。そのことについても医師を通じてケースワーカーに伝えているが、転居費用の申請は「緊急性がない」という理由で却下された。

2016年10月、薬が合わないと相談しても対応しない、病院までの交通費を出さない

相談時期  2016年10月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  30代
問題分類  パワハラ
状況 医者が処方した薬が合わず副作用がひどく、医者に直接相談しても対応してくれなかったため、ケースワーカーに相談したが取り合わない。また病院までの交通費を出さないので、受診抑制している。

2016年10月、妊娠したが、ケースワーカーが出産扶助を出さないと言っている

相談時期  2016年10月
都道府県  東京
性別  女性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 生活保護受給中に妊娠したが、ケースワーカーが出産扶助を出さないと言っており、このままでは出産できなくなる。

2016年10月、親兄弟からの虐待から逃れるために単身上京したが、「親に連絡を取れ」「福祉事務所から親に連絡をする」「実家に帰れ」と言われた

相談時期  2016年10月
都道府県  東京
性別  女性
年齢  20代
問題分類  水際作戦
状況 20代女性が親兄弟からの虐待から逃れるために単身上京し、警察署で住民票の閲覧禁止措置を取った。その後、女性が福祉事務所で生活保護を申請しようとした際、上記の状況にも関わらず、「親に連絡を取れ」「福祉事務所から親に連絡をする」「実家に帰れ」などの対応がなされた。女性は深刻な精神的苦痛を受け、また生活保護の申請をすることもできなかった。

2016年9月、「人間として信用できないので申請できない」「施設に入らなければ手続きが進まない」

相談時期 2016年9月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  不明
問題分類  貧困ビジネス
状況 生活保護申請時にアパートへの入居費用の一時扶助を求めたところ、「人間として信用できないので申請できない」と窓口で言われた。その後も施設入所を受給の条件にされ、「施設に入らなければ手続きが進まない」などと言われた。

2016年9月、保護費から毎月5万円ほど強制貯金させられた

相談時期 2016年9月
都道府県  東京
性別  女性
年齢  30代
問題分類  
状況 以前、生活保護を受給していた時に、光熱費などの名目で保護費から毎月5万円ほど強制貯金させられた。

2016年8月、「病院に通いすぎだ」「何度も書類を出されると困る」「障害年金もらっているなら大丈夫だ」

相談時期 2016年8月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  30代
問題分類  パワハラ
状況 生活保護受給中、ケースワーカーに「病院に通いすぎだ」などと言われた。また、通院することについて「何度も書類を出されると困る」「障害年金もらっているなら大丈夫だ」とも言われた。

2016年8月、施設入所を強要された、「まず部屋を借りなければどうしようもない、もしくは寮に入るほかない」

相談時期 2016年8月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  20代
問題分類  水際作戦 貧困ビジネス
状況 生活保護を申請したところ、施設入所を強制された。その後もケースワーカーや施設の管理者に施設の住環境の悪さについて相談しても、相談者を子ども扱いして取り合わなかった。後日体調が悪化したために施設を出て、生活保護を辞退した。またしばらくたってから生活保護を再申請したが、住居がないことを理由に追い返される。「まず部屋を借りなければどうしようもない、もしくは寮に入るほかない」と言われた。

2016年8月、施設に入らなければ保護しない

相談時期 2016年8月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  不明
問題分類  貧困ビジネス
状況  生活保護申請で窓口を訪れたところ、施設に入らなければ保護しないという違法な対応を受けた。

2016年8月、「施設に入るしかない」「家がないと受けられない」

相談時期 2016年8月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  20代
問題分類  水際作戦 貧困ビジネス
状況 生活保護を申請しようとしたところ、「施設に入るしかない」「家がないと受けられない」などという虚偽の説明をされて追い返された。

2016年7月、「引っ越してから来てください」「アルコール依存症だから一生お酒を飲んではいけない人間なので、病院にまず行ってください」

相談時期 2016年7月
都道府県  東京
性別  女性
年齢  30代
問題分類  水際作戦
状況 住んでいた家から出なくてはならなくなったが、所持金・預貯金、収入がないため、生活保護を申請しに行った。ところが、「引っ越してから来てください」といわれる。またアルコール依存症を患っていることを伝えると、「アルコール依存症だから一生お酒を飲んではいけない人間なので、病院にまず行ってください」などと言われ、追い返された。

2016年7月、「物件を不動産屋に出すなどして入居者を募集し、そこから家賃を取れ」

相談時期 2016年7月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  70代
問題分類  水際作戦
状況  タクシードライバーを15年間やってきた相談者は、70代後半に差し掛かり運転免許の更新も難しいほどに衰弱していた。引退後は、築50年以上の古いアパートの賃借料5万円の収入しかなく、生活困窮に陥り生活保護申請に行った。ところが窓口では、「物件を不動産屋に出すなどして入居者を募集し、そこから家賃を取れ」と告げられ、追い返された。70代後半の相談者には入居者を募集する体力はない。