兵庫


2016年9月、施設入所を強制され、「一度入ったら出られない」と言われた。支援団体に相談して施設を出たら「失踪」扱いにされ、保護を打ち切られた

相談時期 2016年9月
都道府県  兵庫
性別  男性
年齢  不明
問題分類  貧困ビジネス 不当停廃止
状況 生活保護を申請したところ施設入所を強制された。やむなく入所したのだが、「一度入ったら出られない」と言われて出してもらえなかった。そこで支援団体に相談し、施設を出たところ「失踪」扱いにされ、保護を打ち切られた。住居なしの状態で再度申請すると、役所側は再び施設に入るように言ってきた。