パワハラ


2017年6月、「学籍がなくなったらその日のうちに就職して家を出ろ」

相談時期 2017年6月
都道府県 宮城 
性別 女性 
年齢 40代 
問題分類 パワハラ 
状況 うつ病とパニック障害を抱えているが、急に訪問してくるなどケースワーカーからの配慮がなく、そのため症状が悪化した。また、息子が専門学校を中退する際に、学籍がなくなったらその日のうちに就職して家を出るように言われた。 

2017年5月、「施設に入らないのなら保護開始はできない」

相談時期 2017年5月
都道府県 大阪 
性別 男性
年齢 40代
問題分類 パワハラ
状況  施設に入所するように言われ、住環境の悪さなどの理由から施設入所を拒否するも、「仕事を辞めて施設に入って、その近くで新しい仕事を探せ」「施設に入らないのなら保護開始はできない。市の独自のルールだ」と言われる。後日、一時的に収入があったことを理由に生活保護の申請を取り下げることを強要される。

2017年3月、1年間もネットカフェ生活を放置

相談時期  2017年3月
都道府県 東京 
性別 男性 
年齢 30代 
問題分類 パワハラ、住居 
状況 以前は九州の親戚が所有する部屋を間借りして住んでいた。単身上京して都内で生活保護を受給したが、転宅費用が出されないまま、ネットカフェ生活が1年ほど続いた。 

2017年3月、「医療費を10割負担にする」

相談時期  2017年3月
都道府県 宮城 
性別 女性 
年齢 60代 
問題分類 パワハラ、保護費 
状況  元々所有していた家を売る際、CWから「医療費を10割負担にする」「すぐ働くように言われるからね」などの暴言を吐かれる。また、隠してもいないのに「全部調べるからね」と言われる。質問しようとしても早口でまくし立てられるなど、高圧的な態度をとられた。

2017年3月、「精神(障害)で来たんだろ」「嘘をついているんじゃないか」

相談時期

 2017年3月

都道府県  北海道
性別 女性 
年齢 40代 
問題分類 パワハラ 
状況 ケースワーカーに「精神(障害)で来たんだろ」などの暴言を吐かれた。言われたことを内容証明郵便で福祉事務所に送るも、ケースワーカーから「嘘をついているんじゃないか」と言われた。

2017年2月、DV被害者に「親と仲良くしろ」

相談時期 2017年2月
都道府県 北海道
性別 男性 
年齢 40代 
問題分類 パワハラ 
状況 生活保護受給中に、身体的には問題ないのにも関わらず違法な入院をさせられた。また、担当医にDVが理由で親から逃げ出したことを伝えると、それを家族にばらされた上に役所からは「親と仲良くしろ」と言われた。

2017年1月、住環境が劣悪だが転居費用を出してもらえず親戚の家にいることが多かった。そのことで居住実態がないとして不正受給扱いし、保護を打ち切ろうとしている

相談時期  2017年1月
都道府県  茨城
性別  男性
年齢  30代
問題分類  パワハラ、不当停廃止
状況  ネズミが出る、エアコンがないという環境のアパートであるにもかかわらず、転居のための費用を出してもらえない。そのため、親戚の家にお世話になることが多い。このことを理由に、役所は居住実態がないとして不正受給と見なし、保護打ち切りにしようとしている。また、交通事故で左半身麻痺の障害を負っているため、杖を購入するための費用を申請したが、役所が対応しない。

2017年1月、生活保護受給中に餓死したにもかかわらず、CWが遺族に理由の説明を拒否

相談時期  2016年1月
都道府県  北海道
性別  女性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況  生活保護受給中に餓死したにもかかわらず、CWが遺族に理由の説明を拒否。

2017年1月、「戻ってきても追い返す。保護を受給することは絶対にない」

相談時期  2017年1月
都道府県  東京
性別  女性
年齢  40代
問題分類  パワハラ
状況  夫婦で生活保護を受給中にCWが夫に対し「実家に帰れ」と指示し、夫はそれに従い転居した。世帯構成の変化に伴い、家賃に充てられる住宅扶助費が下がったが、法で認められる低額家賃住宅への転居費用を支給をCWが拒否し続ける。さらに、夫が戻ってきても「戻ってきても追い返す。保護を受給することは絶対にない」と受給を認めない発言を繰り返す。

2017年1月、「引っ越ししたら保護を打ち切る」「引っ越すお金があるなら保護費を返さなければならない」

相談時期  2017年1月
都道府県  山口
性別  女性
年齢  30代
問題分類  パワハラ
状況  一般企業で働いていたが体調不良で働けなくなり、医師から就労不能の診断を受けている。しかし、徒歩で行ける範囲なら働けるため駅の近くに引っ越したいとCWに求めたところ、「引っ越ししたら保護を打ち切る」「引っ越すお金があるなら保護費を返さなければならない」といわれた。

2017年1月、CWがDVをしていた元夫に連絡を取ったためトラブルになった

相談時期  2017年1月
都道府県  奈良県
性別  女性
年齢  40代
問題分類  パワハラ
状況  生活保護の申請時に、離婚した元夫に養育費をもらうことを受給の条件にされた。また、申請後CWが元夫に連絡し「住宅を売却してでも養育費を払え」と脅したことが原因でトラブルになった。元夫からはDVを受けていたので生活保護申請をしたことを知られたくなかったが、知られてしまった。その後、受給中もCWは保護の打ち切りをちらつかせて高圧的な態度をとってくる。

2017年1月、DVをしていた夫のストーカーにより県内の施設入所を拒否していたがCWに強制された

相談時期  2017年1月
都道府県  神奈川
性別  女性
年齢  20代
問題分類  パワハラ
状況  DVを受けていた元夫のストーカーにより、母娘共に神奈川県内の施設を拒否していたにもかかわらず、その意向をCWが無視した。さらに、県内の施設に入所させるために娘だけ呼び出して強引に了解させた。

2017年1月、走れないほどの心臓病を抱えているが、ルームランナーに乗り心拍数などを測る検査を病院で無理やり受けさせられそうになった

相談時期  2016年1月
都道府県  岩手
性別  男性
年齢  50代
問題分類  パワハラ
状況 走れないほどの心臓病を抱えているが、ケースワーカーに就労圧力をかけられ、ルームランナーに乗り心拍数などを測る検査を病院で無理やり受けさせられそうになった。また受給中は窓口を訪れるたびに暴言を吐かれた。

2017年1月、「死ぬわけじゃないんだから」

相談時期  2016年1月
都道府県  不明
性別  女性
年齢  不明
問題分類  水際作戦 パワハラ
状況 申請の際、保護受けなければ路上生活になるほどの困窮状態で窓口を訪れたが水際作戦にあった。また、受給中ケースワーカーに癌を患ったことを伝えると「死ぬわけじゃないんだから」というようなことを言われた。

2016年12月、「病状が固定化しているから障害なんでしょ」「だから治療は必要ない」「ボランティアに行け」「体売って働け」

相談時期  2016年12月
都道府県  北海道
性別  女性
年齢  50代
問題分類  パワハラ
状況 雪がひどく車椅子が使えないため通院にはバスやタクシーが必要だが、ケースワーカーが通院に必要な交通費を出さない。本人は障害者手帳を保持しているが「病状が固定化しているから障害なんでしょ」「だから治療は必要ない」というようなことを言われた。また、働けない病状にも関わらず就労圧力をかけられており、働けないことを説明すると「ボランティアに行け」などと言われた。以前には「体売って働け」とも言われた。

2016年12月、生活保護費から受け取っていない「給付金」が引かれていた

相談時期  2016年12月
都道府県  神奈川
性別  女性
年齢  20代
問題分類  パワハラ
状況 実際には受け取っていない給付金を受け取ったものとして、生活保護費から引かれていた。

2016年12月、住居の取り壊しが決まって大家から退去命令が出ているが、「緊急性がない」として転居費用を出さない

相談時期  2016年12月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  40代
問題分類  パワハラ
状況 居住中のアパートが取り壊しが決まり大家から退去命令が出ているにもかかわらず、ケースワーカーが転居費用を出そうとせず、申請書を出したが却下された。現在の住居は大量に虫が出るような劣悪な環境であり、それが原因でうつ病が悪化し統合失調症になった。そのことについても医師を通じてケースワーカーに伝えているが、転居費用の申請は「緊急性がない」という理由で却下された。

2016年12月、「あなたにそんな権限はない」「臭い」「被害妄想ですよ」

相談時期  2016年12月
都道府県  神奈川
性別  男性
年齢  30代
問題分類  パワハラ 貧困ビジネス
状況 生活保護申請時や受給中に施設に入るように執拗にケースワーカーが求めている。申請時にアパートを借りようとすると「あなたにそんな権限はない」と言われ、施設に入れようとした。その後もアパートの入居費用を出そうとせず、何度も施設入居を強要しようとしている。また、受給中も役所窓口に行くと「臭い」などと暴言を吐かれ、施設入居を強要していたこともしらを切り、「被害妄想ですよ」などと言われた。

2016年11月、「電話取らないとお前ただじゃ済まないぞ」

相談時期  2016年11月
都道府県  埼玉
性別  男性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ケースワーカーからの電話が取れなかった際、「電話取らないとお前ただじゃ済まないぞ」と言われた。仕事を探しているにもかかわらず、執拗に就労圧力をかけられ、「探せ」と急かしたり、邪魔をしたりしている。ケースワーカーの脅しから役所に行きにくくなり、それを理由に生活保護停止処分にされた。

2016年11月、ヘルニアで座るのは1時間が限界にもかかわらず、ケースワーカーが再三就労圧力をかけてくる

相談時期  2016年11月
都道府県  埼玉
性別  男性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ヘルニアなど足腰が悪く働ける状態ではないが、ケースワーカーに再三就労するよう圧力をかけられている。医師には神経作用が残っていると言われ、座っているのは一時間が限界であるが、病状をケースワーカーに説明しようとすると「今は忙しい」などと言われ相手にされない。

2016年11月、「働け」「自分なら働く」

相談時期  2016年11月
都道府県  愛知
性別  女性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ヘルニアがひどく医師には子供を抱くことすら禁止されている状態であり、診断書も提出しているが、突然家にやって来て「働け」と責め立てた。仕事ができないことを説明しても「自分なら働く」などと言って聞き入れない。

2016年10月、ケースワーカーが銀行の通帳や毎日の食事の中身、個人的交流関係まで執拗に聞いてくる

相談時期  2016年10月
都道府県  広島
性別  女性
年齢  30代
問題分類

 パワハラ

状況 ケースワーカーが銀行の通帳や毎日の食事の中身、明かしたくない個人的交流関係まで執拗に聞いてくる。家庭訪問などの際も高圧的対応をする。また短い時間から就労を考えているが、社会保険付きの職場に就職した場合即廃止だと脅されている。

2016年10月、薬が合わないと相談しても対応しない、病院までの交通費を出さない

相談時期  2016年10月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  30代
問題分類  パワハラ
状況 医者が処方した薬が合わず副作用がひどく、医者に直接相談しても対応してくれなかったため、ケースワーカーに相談したが取り合わない。また病院までの交通費を出さないので、受診抑制している。

2016年10月、「どこで堕ろすんですか」

相談時期  2016年10月
都道府県  千葉
性別  女性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ケースワーカーに妊娠を告げたところ「どこで堕ろすんですか」と言われ、出産扶助を出さず中絶するよう言われた。

2016年10月、妊娠したが、ケースワーカーが出産扶助を出さないと言っている

相談時期  2016年10月
都道府県  東京
性別  女性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 生活保護受給中に妊娠したが、ケースワーカーが出産扶助を出さないと言っており、このままでは出産できなくなる。

2016年10月、これまで自動車保有が認められていたのに、新しいケースワーカーが執拗に処分を迫ってくる

相談時期  2016年10月
都道府県  群馬
性別  女性
年齢  不明
問題分類

 パワハラ

状況 これまで認められていた自動車保有を、新しく担当になったケースワーカーが認めず、執拗に処分を迫っている。自動車は通院や通勤に必要。ケースワーカーが家にやって来て勝手にメーターを調べるなどしている。

2016年10月、「大ごとにしたのはお前だからな」、母親をグループホームに、妻を施設に、子供を児童相談所に預けるように迫ってくる

相談時期  2016年10月
都道府県  茨城
性別  男性
年齢  40代
問題分類  パワハラ
状況 アナフェラキシーなど重病を併発しており、家族も脳梗塞やうつ病などで通院している。通院には車が必要であるが、新しく担当になったケースワーカーが以前は認められていた自動車を処分するよう圧力をかけている。事情を話しても聞き入れず「大ごとにしたのはお前だからな」と圧迫し、母親をグループホームに、妻を施設に、子供を児童相談所に預けるように迫っている。

2016年9月、職業訓練の費用、医療券などを出さない

相談時期 2016年9月
都道府県  神奈川
性別  女性
年齢  不明
問題分類

 パワハラ

状況 ケースワーカーが職業訓練の費用、医療券などを出さないなどの嫌がらせをしてくる。

2016年8月、「子宮がんになったら困る」

相談時期 2016年8月
都道府県  岐阜
性別  女性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 ケースワーカーから通院しているか尋ねられ、産婦人科に行っていることを告げると「子宮がんになったら困る」などと言われた。後日「子宮がん」などという言葉を言わないでほしいと言うと、「そんなこと言っていない」などと取り合われなかった。

2016年8月、「病院に通いすぎだ」「何度も書類を出されると困る」「障害年金もらっているなら大丈夫だ」

相談時期 2016年8月
都道府県  東京
性別  男性
年齢  30代
問題分類  パワハラ
状況 生活保護受給中、ケースワーカーに「病院に通いすぎだ」などと言われた。また、通院することについて「何度も書類を出されると困る」「障害年金もらっているなら大丈夫だ」とも言われた。

2016年8月、「お前なんかこの市に住むべきではない」「何があってもお前に車なんか乗せない」

相談時期 2016年8月
都道府県  神奈川
性別  男性
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 通院やアルバイトのために必要な自動車を保有しているが、手放すように強要された。ケースワーカーは「何が何でも手放せ」「お前なんかこの市に住むべきではない」「何があってもお前に車なんか乗せない」などといった暴言を吐いた。

2016年7月、保護費を切り詰めて貯金が貯まったことを理由に、突然保護の打ち切りを通告された

相談時期 2016年7月
都道府県  栃木
性別  男性
年齢  30代
問題分類  パワハラ
状況 保護費を切り詰めて貯金が貯まったことを理由に、突然保護の打ち切りを通告された。また、ケースワーカーが玄関を強引に開けて入って来ることもあった。

2016年7月、「(就労しなければ)いつでも打ち切ることが出来る」

相談時期 2016年7月
都道府県  愛知
性別  不明
年齢  不明
問題分類  パワハラ
状況 過去の怪我の後遺症と持病が原因で足が不自由であるにもかかわらず、ただひたすら就労しろと言われる。生活保護を「(就労しなければ)いつでも打ち切ることが出来る」と脅されている。

2016年7月、転宅費用を「(生活費である)保護費から出せ」、辞退届の強要

相談時期 2016年7月
都道府県 茨城県
性別 女性
年齢 20代
問題分類 パワハラ
状況 生活保護で認められた転宅費用を出さない。「(生活費である)保護費から出せ」と発言。また、本人の意に反した辞退届記入の強要。